今の社会で大きな存在感を出している白ロムの紹介

smart phone

白ロムを有効利用

携帯電話の個人情報が登録されている場所

現在では当たり前に活用されるようになったsimカードですが、昔は利用されていませんでした。simカードの担当している事は、個人情報の管理です。端末の電話番号やメールアドレスは、本体に登録されているわけではありません。simカードに個人情報を保存する事で、機種変更の時間を短縮できるようになりました。 simカードが登場する以前は、EPROMと呼ばれる領域に書き込まれていたのです。EPROMは本体内部の回路上に存在しています。よって個人情報の移し換えである機種変更は、自分で行う事ができませんでした。必ず専門ショップや家電量販店を使う必要があったのです。simカードが登場してからは個人で機種変更が行えます。

中古ショップの白ロムが流行

情報が入力されていない携帯電話は、白ロムと呼ばれています。元来の白ロムは携帯電話を販売している場所にしかありませんでした。情報入力は店で行われて個人が持つ時には個人情報の登録は完了していたからです。 しかしsimカードが登場してからは、機種変更を自分で行えるようになりました。そのため白ロムは個人の手を渡るようになり、中古ショップでも扱われるようになったのです。中古ショップで購入した携帯電話を自分で機種変更すれば、正規の方法を使うよりもお金を節約できます。 機種変更の値段の高さのせいで、昔の機種を使い続ける人がいます。しかし経年劣化すれば壊れる事態は避けられません。そのため今後は白ロムを利用した機種変更が流行する可能性が高いのです。